会社法

会社法は、商法または会社法とも呼ばれ、商取引および会社法を規定する法律の本体です。これは、ビジネスの世界のすべての側面をカバーし、税法、労働法、知的財産法、およびライセンス戦略が含まれています。商法は非常に幅広い分野であり、幅広い専門法が含まれています。これらの法律はすべて、ビジネスの行動や意思決定において非常に重要な役割を果たしており、法律の適用はビジネスの分野ごとに異なります。

ビジネス法には、専門家とポリシーの2種類があります。最初は会社自体のこれらの活動に包括的な法的保護を提供しますが、その後は他の人からの請求からビジネスとその所有者にセキュリティを提供します。後者はまた、事業の取締役または株主に代わって決定を下す委員会および取締役会の活動をカバーしています。

商法の主な機能の1つは、企業の通常の事業運営に対する訴訟や干渉を停止および停止することです。ビジネス法の領域は広大であり、ビジネスライフのほぼすべての側面をカバーしています。これらすべての分野には、知的財産法、商法、貿易法、フランチャイズ、販売およびマーケティングなど、さまざまな専門分野があります。お住まいの地域の会社法のパフォーマンスを理解するには、これらの各分野が何をカバーしているかを正確に理解する必要があります。

知的財産法は、新製品および新技術の生産と成長に関するすべてを対象としています。これは、事業の生産、販売、およびソースへのアクセスを規制する法律の本体です。この法律のほとんどは米国から発せられていますが、他の国では何年も前から存在しています。この地域には数多くの専門分野があり、最も重要なものは著作権、特許法、見本市です。インターネットを検索するか、単に友人や親戚に尋ねることで、知的財産法を専門とするビジネス弁護士を見つけることができます。

ビジネス法のもう一つの重要な分野は、商業用不動産法です。これには、商業用不動産の購入、販売、賃貸に関するすべての事項が含まれます。例として、あなたは土地の区画を購入し、その上に家を建て、そしてその上で営利事業を始めることを選ぶかもしれません。または、ブランドソリューションを購入し、製造施設を設置し、流通システムを設置することもできます。

これらの取引のいずれかであなたの利益を保護したい場合は、法的支援を受ける必要があります。そのための1つの方法は、連邦商標登録法によるものです。この法律は、事業体が企業または個人である場合でも、マークまたはロゴを登録するすべての人を保護します。マークまたはロゴを登録すると、米国特許商標庁があなたに割り当て、あなたのビジネスに関連してそれを使用する独占的権利をあなたに与えます。ただし、この保護にはいくつかの制限があります。米国特許商標庁は、取引に関連して他のエンティティがマークを使用する権利を持っていないことを証明できる場合、会社を含むあらゆる種類のエンティティのマーカーを登録できます。

米国特許商標庁は、あなたの利益を保護するために必要に応じてすべてのマークを登録しているわけではないことを覚えておくことが重要です。商標登録プロセスでは、登録を完了するために必要な適切な情報を入力して送信するだけで済みます。そしてそれでも、彼らは通常、あなただけが所有している名前、またはあなたの会社やLLCから所有している名前を単に記録します。あなたの取引に役立つかもしれないどのタイトルが利用可能であるかを見つけるために、あなたは商標局のウェブサイトであなたの商標記録を調べることができます。希望する商標の記録を見つけたら、商標局に連絡して、商標の適切な所有者について問い合わせることができます。

商標登録を支援するために商標局に料金を支払う前に、あなたが何を支払っているのかを理解する必要があります。請求される手数料は、処理手数料だけでなく、マークの正しい所有者を見つけるために発生する費用も含まれています。さらに、料金を支払う前に、提供されるサービスの完全かつ真の詳細、請求される料金、および商標出願を成功させるために必要な記録を記載した書面による声明を商標弁護士に要求する必要があります。また、マークの適切な所有者を見つけるための期限に加えて、返金保証があるかどうかを尋ねます。最後に、検索プロセスで発生したすべての費用に手数料を適用するように依頼します。